More Smilies*好きな絵文字を取り入れる方法

More Smiliesに自分の好きな絵文字を取り入れる方法です。

Sponsored Link

More Smiliesを利用できる環境にする

こちらの手順で、More Smiliesを利用できるようにしてください。

設定

プラグインフォルダの中のMore Smiliesを設定していきます。
まず、more-smiliesフォルダの中にフォルダをつくります。
※フォルダ名は英文字で。

そのフォルダの中に自分の使いたい絵文字の画像を入れます。

package-config.phpの編集

他の絵文字ファイルのdefaultフォルダの中から、package-config.phpのファイルをコピペして、2で作ったフォルダの中にいれます。
テキストエディタ等で開き、編集していきます。

/*
* Package-Name: Default WordPress Smilies
* Package-URI: http://mattread.com/
* Package-Description: The Default WordPress smilies.
* Package-Author: Matt Read
* Package-Author-URI: http://mattread.com/
*/

$this->url_path = get_settings(‘siteurl’) .’/’. WPINC .’/images/smilies’;
$wp_lovelog_smilies = array(
‘ :-)’ => ‘icon_smile.gif’,
‘ :D’ => ‘icon_biggrin.gif’,
‘ :-D’ => ‘icon_biggrin.gif’,
‘:grin:’ => ‘icon_biggrin.gif’,
‘ :)’ => ‘icon_smile.gif’,
‘ :-)’ => ‘icon_smile.gif’,
—略—
);
?>

上記の設定から。
/**/で書かれている部分は適当でもよいですが、一応解説します。
Package-Name: はこの絵文字フォルダ名と同じにします。
Package-URI:は自分のサイトを。
Package-Description: 使う絵文字の説明です。
Package-Author:絵文字を配布する管理者?
Package-Author-URI:絵文字を配布する管理者のURL

次に、$this->url_path = get_settings(‘siteurl’) .’/’. WPINC .’/images/smilies’;部分は削除してください。
絵文字があるフォルダのパスになりますので、作ったフォルダの中に直接入れる場合は、必要ありません。

$wp_lovelog_smilies = array(

上記構文以下は、投稿時に選択した絵文字が投稿フォームに反映される文字になります。

‘絵文字選択時に投稿フォームに記載される部分’ => ‘画像ファイル名’,

‘や,を削除しないように編集してください。
削除してしまうと、反映されません。

ファイルを保存して、Upload。

More Smiliesのプラグインを上書きアップロードします。

WordPressの管理画面から設定。

管理画面にログインし、「オプション」のMore Smiliesから、自分が設定した絵文字を選択する。
これで、反映されるはずです。
もし、反映されなかった場合、もう一回1から見直してみてください。

オススメの絵文字素材

A Trial Product’s 素材置き場
.. PEPPER .. FREE GRAPHICS FOR WEB SITE
1キロバイトの素材屋さん

Sponsored Link