Advertising Manager – 広告管理、ショートコードで記事広告挿入

Google Adsenseの広告を管理して、簡単に記事に挿入できるプラグインです。

日本語版も作成しましたので、Advertising Managerのインストール方法や日本語化については、Advertising Manager 日本語版配布を参照してください。

Sponsored Link

色々試しましたが、これが一番使いやすくて、記事への挿入方法が簡単だったので。
※もしかしたら、他に簡単なプラグインもあるかもしれませんが・・・。

Advertising Managerの設定をする

ここは特に設定をいじる必要がありません。
※設定をかえる場合は、内容を理解した上で設定してください。

Advertising-Manager 設定画面

広告を登録する

まずサイドバーにある【広告】の【新規作成】をクリックして、
表示したページのフォームに広告コードをペーストして、【インポート】します。

Advertising-Manager 登録画面

広告名を付けます

次にサイドバーにある【広告】の【編集】をクリックして、広告一覧表を出します。
先ほど登録したコードをクリックします。
※この時点で、広告名は自動的につけられます。

Advertising-Manager 広告一覧画面

【広告の設定を編集】のページを開いたら、
まず、自分で分かりやすい広告名に修正します。
※日本語での広告名は試していません。アルファベットが良いかもしれません。
 後々に影響する部分なので注意してください。

広告の前後にHTMLタグを入れたい場合は、下の方に用意してあります。
全て設定したら、【保存】を押します。

Advertising-Manager 広告個別設定画面

記事中に広告を貼りつける

記事に広告を貼りつける場合は、ショートタグを使います。

[ad#広告名]

先ほどの設定で登録した広告に広告名を付けました。
その広告名を#の後に付けます。
ショートコードを入れて、記事を保存したら反映されます。
※広告がGoogle Adsenseで作成したばかりの場合は、反映に時間がかかります。

【広告の設定を編集】ページの右サイドバー上に【広告を表示】がありますので、
【広告を表示】をクリックして表示されたら、ショートコードを間違えない限り表示されます。

クイックタグから選択して挿入する方法

記事投稿画面で、クイックタグに自動的に広告を選択できるプルダウンメニューが表示されます。
登録した広告を掲載したい場所に洗濯を指定するとショートコードを自動で張り付けてくれるので便利です。

Sponsored Link