CKEditor For WordPress - WordPressのビジュアルエディタを強化するプラグイン

WordPress記事の入力補助をしてくれるプラグインです。同じようなWordPressのプラグインに、TinyMCE Advancedがありますが、CKEditor For WordPressも良さそうなので、ご紹介いたします。

Sponsored Link

WordPressの投稿画面のCKEditor

CKEditor For WordPressの仕様箇所

上記のボタン以外に、設定画面で機能ボタンを追加する事も出来ます。
基本的に、TinyMCE Advancedと使い方は同じで、記事のレイアウトを確認しながら、記事を書くスタイルです。

CKEditorの設定画面

CKEditorのトップ画面です。

CKEditor For WordPressの設定画面1

CKEditorの基本設定画面

WordPressのビジュアルエディタ部分のスキンを変更したり、コメントエディタの設定もできたりします。

CKEditor For WordPressの設定画面2

CKEditorの詳細設定画面

CSSの設定も可能です。自分で作成したCSSも読み込むこともできます。

CKEditor For WordPressの設定画面3

CKEditorのアップロード設定画面

アップロードの設定もできます。アップロードの管理者権限も設定することができます。

CKEditor For WordPressの設定画面4

CKEditorの設定ファイル画面

設定ファイルの変更もできます。

CKEditor For WordPressの設定画面5

CKEditor For WordPressのダウンロード先

WordPress.orgのCKEditor For WordPress
から入手してください。

CKEditor For WordPressの日本語版配布

CKEditor For WordPressの日本語版も配布しました。配布ページはCKEditor For WordPressへ。

CKEditor For WordPressの日本語版反映方法

ckeditor_wordpress.phpに下記のコードを追加してください。

load_plugin_textdomain('ckeditor_wordpress', false, dirname(plugin_basename(__FILE__)) . '/language');

ckeditor-for-wordpressプラグインフォルダの中に、languageフォルダを作成して、
ckeditor_wordpress-ja.moをlanguageフォルダの中にアップロードしてください。

Sponsored Link