技術者は生涯技術か、経営シフトか。

経営と技術に関しては、彼から色々考えさせられていたことですが、
彼自身技術を続けたいが、自分が上に行くためには、
技術には限界がある。(給料面でも)

技術の上を行ったとしても、
経営の上に立つことはできません。

なので、いずれ経営にシフトしていくという話を昨日していました。

ええ、2時間論議。

Sponsored Link


それ以前にも結構議論したりしていました。
彼自身の問題だけでなく、
私自身も1技術者の身ですので。

技術を続けながら経営に行くのは、
中途半端であって、
技術を選んだら、それはもう技術まっしぐらでしょう。

ですが、直接技術に携わる事は少なくなるのは、明白です。
下に部下を持ち、そして、指示を出す側などマネージャーになるからです。
でも現場にいれます。

ところが、技術者が経営を選んだ場合、
やはり技術はすっぱり諦めるしかないとのこと。
彼自身も生涯現場にいたいという思いがあったから、
散々悩んでいました。

しかし、自分が上のレベルに行くためには、
やはり経営にシフトしなければならないことを悟ったようです。

経営にシフトしたら、技術はやれなくなる。

自分の部下を持つということは、
自分の部下の家族も面倒をみなければならないため、
技術どころじゃないとのこと。

経営に専念しなければ、
下にいる部下を食べさせていけなくなるから、
技術は必然的にやらなくなるだろうと言ってました。

両天秤にかけて、
技術をしながら、
経営をして、
自分の部下の面倒を見るなんていう中途半端なことはできない。

だから経営に携わる人は、技術をしちゃいけないそうです。
個人事業、下に部下を持たない人なら話は別ですが。

私自身も考え始めました。
WEB制作において、現場でずっと働きたい。
だけど、上に行ってお給料も上げたいという思いが出始めました。
そうなると、やはりそういう事を自然に考えるようになりました。

上に立ち、しかも技術に携われるスキルを身に付ける事。
WEB制作においては、WEBディレクターなどに当たります。

が、私は対人がちょっと苦手。
実は人見知りします。

でも上に行きたい。
そして、技術にも携わっていきたい。

そしたら、会社の先輩にアドバイスされました。

私の長所と短所を知った上でアドバイスをもらったのですが、
アートディレクターとコーディングディレクターが合っていると思う、との事。

その上ディレクターの経験も少しずつ積める上、
必然的にプロデューサー職にもなれるから、
お給料もいいよとのことです。

アートディレクターとコーディングディレクターは圧倒的に人が少ないらしく、
どこに行ったも重宝されるそうで、しかもお給料が高い。

そこを学べば、実務レベルでプロデューサーの経験も積めるようになるから、
良いのでは?とアドバイスされました。

確かに、技術を磨いて、そして上に行き、
部下に指示出し、後継者も育てられるなら、自分に合っているかもと思い始めました。
実は教える事は、結構好きなので・・・。

この職につく前は、教師目指していたからです。

彼とこういう話ができるのは貴重です。
技術レベルに関してもSE対デザイナーで話し合えますが、
こうした技術者としての将来を考える事、相談できる事、話し合える事、

自分の将来をお互いに真剣に話し合える事自体が、
嬉しい・・・ですね。

彼は経営、私は技術と
それぞれ道は別れましたが、
趣味でSEとデザイナーに戻れるのも良いですね。

私の夢は、いつか彼と一緒にコラボなので。
ディレクターになれば、企画などもするので(今も企画には少々参加してますが)、
企画力を磨いて、彼がやる気を出すようなものを作って二人一緒に1つのものを作り上げたいなと思います。

Sponsored Link