Twitter Toolsに関してのファイル修正について

WordPressプラグインのTwitter Toolsを日本語化するにあたって、
今まで、日本語を反映させるために、
プラグインファイルに修正を行っていました。

修正しなくても反映させることが分かりましたので、メモ。
※読むにあたって、注意事項までお読みください。

おでこが調べてくれたので感謝感謝。

Sponsored Link

【旧】WordPressプラグイン日本語化にあたってのファイル修正方法

今までは、WordPressのプラグインファイル本体に、
下記の行を、

load_plugin_textdomain('twitter-tools');

下記のソースに修正することで、
日本語化を反映させていました。

$domain_name  = 'twitter-tools';
$locale_name  = get_locale();
$mofile_name  = dirname(__FILE__);
$mofile_name .= "/$domain_name-$locale_name.mo";
load_textdomain("$domain_name", $mofile_name);

ですが、
プラグイン本体のファイルを修正しなくても、
反映される事が分かりました!

プラグインファイルを修正せずに日本語を反映させる方法

一言で言うと、
.moファイルを、/wp-content/plugins/直下に入れると日本語化されます。

ただし、日本語化したファイル名には注意です。

各プラグインファイルに入れて反映させる方法

ファイルを修正しなくても、
プラグインフォルダ直下に入れれば日本語化されますが、
プラグインフォルダ直下に入れると何だか気持ち悪い・・・という人に、
ファイルを修正する事で各プラグインフォルダの直下に入れる事ができます。

たとえば、Twitter-tools 2.0の日本語化を配布した際、
今回から下記のように説明として載せました。

load_plugin_textdomain('twitter-tools');

上記のソースを下記に修正することで、
各プラグイン直下に入れる事が可能となります。

load_plugin_textdomain('twitter-tools', false,'twitter-tools');

この方法は、おでこに教わりました。

というか、ちゃんとWordPress Codex読んだ上で、
日本語化しろっていう話ですが(;´▽`A“
最近は、日本語化も充実してきたので、
海外のサイトを読むことが少なく・・・。

基本情報が、英語なので、
やはりちゃんと海外のサイトを読んで勉強するべきですね。

Sponsored Link