WordPressの時刻フォーマットを設定する方法

WordPressの記事の時刻を表示する形式を設定する方法です。

Sponsored Link

WordPressの時刻フォーマットを設定する手順

時刻設定の手順

no-00サイドバーの【設定】から【一般】へのリンクをクリックします。

no-01【一般設定】のページへ飛ぶので、【一般設定】ページの【時刻フォーマット】を編集します。

no-02【時刻フォーマット】を編集したら、【変更を保存】ボタンをクリックします。
予めデフォルト設定のものを選択するか、自分でカスタマイズする事が出来ます。

時刻の設定をカスタマイズする方法

時刻をカスタマイズする場合は、PHPの時刻関数を使用する事が出来ます。

WordPressのデフォルトでは以下の通りです。

  • 1:13 AM g:i A…12時間表示 + 午前午後表記
  • 1:13 AM g:i A…24時間表示 + 午前午後表記
  • 01:13 H:i … 24時間表示 + 時間2桁表記
  • カスタム

時関数

WordPressの時刻設定するための、PHP時刻関数については以下を参照してください。

PHPの時刻関数より引用

  • a 午前または午後(小文字) am または pm
  • A 午前または午後(大文字) AM または PM
  • B Swatch インターネット時間 000 から 999
  • g 時。12時間単位。先頭にゼロを付けない。 1 から 12
  • G 時。24時間単位。先頭にゼロを付けない。 0 から 23
  • h 時。数字。12 時間単位。 01 から 12
  • H 時。数字。24 時間単位。 00 から 23
  • i 分。先頭にゼロをつける。 00 から 59
  • s 秒。先頭にゼロをつける。 00 から 59
  • u マイクロ秒 (PHP 5.2.2 で追加)。 例: 654321
Sponsored Link