WordPressの記事を「TinyMCE Advanced(ビジュアルエディタ)」で投稿する方法

TinyMCE Advancedは、WordPressの投稿用プラグインです。

「TinyMCE」(ビジュアルエディタ)は、
HTMLタグが分らなくても、直感的に操作ができるプラグインです。

直感的に操作するまで、慣れることが必要なので、
練習で様々な機能をお試すことが使いこなす一番の道です。

Sponsored Link

TinyMCE Advancedの設定

TinyMCE Advancedの管理画面

TinyMCE Advancedは、投稿画面に表示するビジュアルエディタボタンを設定する事ができます。
必要なものだけ表示して覚える事をお勧めします。

設定画面は、「ダッシュボード」→「設定」→「TinyMCE Advanced」にあります。

ページ下にある灰色背景枠の中にあるボタン一覧から、
任意のドラック&ドロップして、上の灰色のバーの上に並べて、
ページ下の「変更を保存」ボタンを押すと、変更されます。

ビジュアルエディタ を有効にする方法

WordPressのビジュアルエディタを使用しない場合のオフの方法で、
「投稿時にビジュアルエディタを使用する」のチェックを入れて、画面右の「プロフィールを更新」ボタンを押してください

TinyMCEのビジュアルエディタボタンの解説

文字を太字にするビジュアルエディタボタン文字を太字にする。

文字を斜体にするビジュアルエディタボタン文字を斜体にする。

文字にアンダーラインを引くビジュアルエディタボタン文字にアンダーラインを引く。

文字に打ち消し線を引くビジュアルエディタボタン文字に打ち消し線を引く。

文字を左寄りに揃えるビジュアルエディタボタン文字を左寄りに揃える。

文字を中央に揃えるビジュアルエディタボタン文字を中央に揃える

文字を右寄りに揃えるボタン文字を右寄りに揃える。

文字を両端揃えにするビジュアルエディタボタン文字を両端揃えにする。

スタイルのビジュアルエディタボタン文字にclass=“選択したクラス名”をタグに挿入する。

テキストのフォーマットをするボタンParagraph―文字をタグで囲みます。(段落タグ)
Address ―文字を

で囲みます。(住所ではなく、コピーライトを囲みます)
Preformatted ―整形済みテキストです。
ソースコードを表示する時などに使います。
Heading1~6 ―文字を囲む見出しタグです。

スタイルのビジュアルエディタボタン文字にフォントを指定します。

フォントサイズを変更するボタン文字にフォントサイズを指定します。一般的に表示するサイズは10ptです。

Moreを挿入するボタンMoreを挿入し、more以降は省略され個別ページで全表示されます。

選択しているものを切り取るボタン選択しているものを切り取ります。

選択しているものをコピーするボタン選択しているものをコピーします。

選択しているものを貼りつけるボタン選択しているものを貼りつけます。

別ウインドウでテキストを貼りつけ、本文に挿入するボタン別ウインドウを立ち上げてテキストを貼りつけ、本文に挿入する。

Wordの文章を貼り付け、本文に挿入するボタン別ウインドウを立ち上げてWordの文章を貼り付け、本文に挿入する。

入力した文章中の言葉を検索ボタン入力した文章中の言葉を検索する。

入力した文章中の言葉を複合キーワードで検索するボタン入力した文章中の言葉を複合キーワードで検索する。

リストタグを出力ボタン

    のリストタグを出力します。

    番号付きリストタグを出力ボタン

      の番号付きリストタグを出力します。

      字上げするボタン字上げします。

      字下げするボタン字下げします。

      動作を一つ戻すボタン動作を一つ戻します。

      動作を一つ進めるボタン動作を一つ進めます。(戻したときのみ)

      リンクを貼りつけるボタンリンクを貼りつけます。

      リンクを切るボタンリンクを切ります。

      アンカータグを付けるボタンアンカータグをつけます。

      画像を貼りつけるボタン画像を貼りつけます。(画像はこの機能ではアップロードできません。予め画像URLを知っている時に使います)

      コードのクリーンアップするボタンコードのクリーンアップ

      WP-TinyMCEのヘルプボタンWP-TinyMCEのヘルプ

      HTMLソースエディターを立ち上げるボタンHTMLソースエディターを立ち上げて、入力したHTMLを確認する。

      日付を表示するボタン今日の日付を入れる。

      時間を表示するボタン今の時間を入れる。

      テキスト文字に色をつけるボタンテキスト文字に色をつける。逆三角をクリックして、色を指定します。

      背景色を変えるボタン背景色を変える。逆三角をクリックして、色を指定します。

      テーブルを挿入するボタンテーブルを挿入する。

      テーブルのrowするボタンテーブル、rowのプロパティー設定。

      テーブルのcellするボタンテーブル、cellのプロパティー設定。

      Rowを前に追加挿入するボタンRowを前に追加挿入する。

      Rowを後に追加挿入するボタンRowを後に追加挿入する。

      Rowを削除するボタンRowを削除する。

      Cellを前に追加するボタンCellを前に追加する。

      Cellを後に追加するボタンCellを後に追加する。

      Cellを削除するボタンCellを削除する。

      合併されたテーブル・セルを分割するボタン合併されたテーブル・セルを分割する。

      テーブル・セルを合併するボタンテーブル・セルを合併します。

      カスタマイズしたhrタグを挿入するボタン


      (区切り線)を別ウインドウで設定して挿入します。

      フォーマットを削除するボタンフォーマットを削除します。

      ガイドライン/目に見えない要素を点線で表示するボタンガイドライン/目に見えない要素を点線で表示します。

      Subスクリプトを挿入するボタンSubスクリプトを挿入します。

      Supスクリプトを挿入するボタンSupスクリプトを挿入します。

      機種依存文字や記号を出力するボタン機種依存文字や記号を出力します。

      絵文字を出力するボタン絵文字を出力します。

      メディア関連を貼り付ける時に使うボタンメディア関連を貼り付ける時に使います。(Flashや動画など。予めリンク先を知っている場合に使用)

      入力をフルスクリーンモードするボタン入力をフルスクリーンモードにする。

      レイヤーを挿入するボタンレイヤーを挿入する。

      レイヤーを前に配置するボタンレイヤーを前に配置する。

      レイヤーを後に配置するボタンレイヤーを後に配置する。

      レイヤーを絶対配置にするボタンレイヤーを絶対配置にする。

      別ウインドウが立ち上がり、CSSの設定をするボタン別ウインドウが立ち上がり、CSSの設定をする。

      Quoteタグを挿入するボタン

      タグを挿入する。

      abbrを挿入するボタンタグを挿入する。

      acronymを挿入するボタンタグを挿入する。

      cite引用タグのボタンcite引用タグをエレメント設定で挿入します。

      打ち消し線を入れるボタン文字に打ち消し線を入れる。

      文字に下線を入れるボタン文字に下線を入れる。

      視覚的な制御文字オン/オフボタン視覚的な制御文字オン/オフ。

      空白文字を挿入するボタン空白文字を挿入します。

      フォント色や背景色を設定する方法

      カラーを選択

      フォント色や背景色を変えるビジュアルエディタボタンをクリックすると、
      別ウインドウが立ち上がり、色を選択する事ができます。
      【その他の色】を選択すると、【カラーピッカー】【パレット】【規定値】のタブが出現し、色を選択できる方法と更に細かい色を選択する事ができます。

      カラーピッカーからカラーを選択する

      カラーピッカーは細かい色の設定に適しています。

      カラーピッカー

      パレットの中からカラーを選択する

      パレットからの色の選択は、大ざっぱにグラデーションに並べられた色の中から選択します。

      パレット選択

      規定色からカラーを選択する

      予め設定された色の中から選択します。

      規定色からカラーを選択

      Sponsored Link