SEO対策ができるWordPressのプラグイン

SEO対策に関するWordPressのプラグインを色々見てみました。
ページのKeywordとDescription、タイトルなどを変更できる、
プラグインのAdd-Meta-Tags WordPress PluginとAll in One SEO Packのご紹介&比較してお伝えします。

Sponsored Link

Add-Meta-Tags WordPress Plugin
All in One SEO Pack
上記二つのプラグインのご紹介。
それぞれ同じような機能ですが、少々違います。

Add-Meta-Tags WordPress Pluginの機能

  • ブログ全体のMetaタグのキーワードとdescriptionを管理する
  • 個別ページのキーワードは、そのカテゴリー名が自動的にキーワードに入る。
  • 個別ページのdescriptionは、その記事の内容の抜粋が自動的に入る。
  • アーカイブページのキーワードは、そのカテゴリー名が自動的に入る。
  • アーカイブページのdescriptionは、管理画面のカテゴリーで設定した説明部分が入る。
  • 投稿画面のカスタムフィールドキーにdescriptionとkeywordsを使用することで、個別ページに優先的にdescriptionとkeywordsを使用することができるらしい。
    ※注意事項プラグイン管理画面に別途あり

Add-Meta-Tags WordPress Pluginの欠点

  • キーワードがカテゴリー名だけなので、タグを変わりに入れたい気分。
  • 新バージョンをアップデートしたら、タグが入るようになっていた。
  • ページにはカテゴリー概念がないため、入らない。
     (カスタムフィールドを使用して、メタタグに自動挿入することは可能らしい。)

All in One SEO Packの機能

  • WordPressの管理画面、一般設定部分のブログタイトルやブログの説明がここでできる。
  • ページ、アーカイブ、個別、トップ、エラーページ、検索ページなどのタイトルを書き換えることができる。
  • 個別記事、ページのメタタグを追記することができる。
  • カテゴリー名をkeywordsタグとして使用することができる。
  • タグをkeywordsタグとして入れることができる。

All in One SEO Packの欠点

  • 個別ページなどにdescriptionが入らない。

結論

ある程度テンプレートカスタマイズできる人は、All in One SEO Packは、使わなくて良いと思います。
タイトルの書き換え部分は、基本テンプレートタグのカスタマイズでできるので。
そういう意味では、テンプレートカスタマイズできない人向けでしょう。

なので、2つのプラグインを足して2で割ったプラグインがあれば言いなぁとおもいます。
実際、Add-Meta-Tags WordPress Pluginの機能に、キーワードにタグが入れば十分かなと思います。

Sponsored Link