Related Entries*関連記事を表示

記事に過去に書いた関連記事を表示する方法です。

Sponsored Link

PluginのDownload

こちらのサイトから、Related Entriesをダウンロードする。
※現在Related Entriesという名前に変わっているようです。
旧プラグイン名は、Related Posts。

ファイルをPluginフォルダへ入れて、Upload。

ダウンロードしたフォルダを解凍し、プラグインフォルダに入れてアップロードし、プラグインを有効にする。

設定

管理画面にログインし、プラグイン⇒Related Posts Optionsに設定があるので、そこで設定する。

データベースにテーブルを作成

Related Postsの管理画面にいったら、まずページの下の方の「SQL Index Table Setup」を見る。
文章中に、this scriptというリンクをクリックすると、テーブルが自動的に作成されます。
ただ、エラーになってしまう場合、データベースにアクセスし、phpMyadminのテーブル作成画面(データベース⇒データベース名⇒SQLを順番にクリックすると、データベース ○○○○で SQL を実行するというページになる)から

ALTER TABLE `wp_lovelog_posts` ADD FULLTEXT `post_related` (
`post_name` ,
`post_content`
)

上記の構文をコピペして、実行ボタンを押す。

プラグインの設定

管理画面にログインし、Related Postsの設定をする。

How many related posts would you like to show?⇒$limit

関連記事タイトルの表示数。

Before / After (Post Title) ⇒’$before_title’, ‘$after_title’

関連記事タイトルを囲むタグ。

  • など。

    Show excerpt?⇒$show_excerp

    関連記事を抜粋するか否か。

    Excerpt length (No. of words)⇒$len

    関連記事の抜粋の表示文字数。

    Before / After (Excerpt)⇒’$before_post’, ‘$after_post’

    関連記事の抜粋部分を囲むタグ。

    Show password protected posts?⇒$show_pass_post

    パスワードで保護された記事を表示するか否か。
    全て設定したら、Seveボタンを押す。
    上記の設定を以下のタグで設定する事も出来る。

    $limit, $len, ‘$before_title’, ‘$after_title’, ‘$before_post’, ‘$after_post’, $show_pass_post, $show_excerpt); ?>

    Themeファイルの設定

    関連記事を掲載するために、使用しているテーマファイルに以下のタグを適当な箇所にタグを入れます。

    私の場合、single.phpの記事の下、以下のタグ(コメント)の上に入れました。

    保存してUpload

    お疲れ様でした。

    Sponsored Link