WordPress 3.0で子サイトを作成する方法

ヘテムルの15日間無料期間を申し込んで、WordPress3.0-beta1が動作するかを試してみました。

Sponsored Link

今回は、無料期間を使ってのテストなので、
サブディレクトリー型でインストールを試してみました。
※サブドメイン型の場合は、ドメインが必要です。
※サブドメイン型で子サイトを作成するには、サブディレクトリー型よりサーバー環境の敷居が高いと思います。
※下記の方法で、サブドメイン型で試しても、動作しないかもしれないので注意してください。

http://割り当てられたサブドメイン名.heteml.jp/WordPressをインストールしたフォルダ名/

なので、子サイトは、以下のURLになります。

http://割り当てられたサブドメイン名.heteml.jp/WordPressをインストールしたフォルダ名/子サイト/

まず、WordPress3.0-beta1をマルチ化する方法と同じようにマルチ化を設定します。

子サイトを作成してみる

【Super Admin】の箇所に注目します。
ここに、【sites】があるのでクリックすると、サイトの一覧表が出ます。

今回は、まだ管理サイトのみしか入れていないので、
管理サイトしか表示されていません。

WordPress3.0の子サイトを作る方法①

下に、【Add Site】の見出しがあるので、
【Site Address】の欄に、URLになる部分を入力します。

更に、【Site Title】にサイト名と【Admin Email】に管理メールアドレスを入力します。

WordPress3.0の子サイトを作る方法②

入力し終えたら、下にある【Add Site】をクリックします。

すると、サイト一覧の方に追加したサイトが表示されるようになります。

子サイトの管理の仕方

サイト一覧に表示されている子サイトの部分にフォーカスをあてると、
下記が表示されます。

 Edit  | Backend | Deactivate  | Archive  | Spam  | Delete  | Visit  

子サイトの管理画面を表示したい場合は、【Backend】をクリックします。

WordPress3.0の子サイトを作る方法③

すると、完全に子サイトの管理画面になります。
URLも下記のようになっています。

http://割り当てられたサブドメイン名.heteml.jp/WordPressをインストールしたフォルダ名/child/wp-admin/

WordPress3.0の子サイトを作る方法④

ちなみに、管理画面からサイトを表示すると、子サイトがちゃんと表示されます。

WordPress3.0の子サイトを作る方法⑥

以上が子サイトを作成する手順です。

WordPress3.0-beta1を試すにあたっての注意事項

この記事はサブディレクトリー型で試したため、
サブドメイン型で子サイトを作成する場合は、動作しない場合もあります。

WordPress3.0-beta1は、まだ開発版です。
この投稿内容もWordPress3.0-beta1を試した段階ですので、
各自、自己責任でお願い致します。
また、今後アップグレードがあった場合、上記の方法が変更される場合もあります。

Sponsored Link