Google Mapルート・乗換案内のURLパラメータまとめ

Google Map APIのURLパラメータのまとめです。
Geolocation API(位置情報API)と
Google Map APIを使って色々実験しているのですが、
かなり面白いですw

Sponsored Link


でも、Google Map API v3は、
まだルート案内の自転車とバス&電車の交通機関が実装されていなくて、
(※正確に言うと、機能的には実装されているけれど、
日本では実装されていない。
GoogleMapでは使えるので後々実装する可能性は高いです)

どうしたもんかなぁ〜と悩んでいて、
旦那にそれが出来ないんじゃ意味無いじゃんと言われ。。

そこで考えついたのが、
Google Mapのパラメータを使うという実装。

サイトに表示するGoogle Mapに表示することは出来ないけれど、
パラメータ付きのURLをリンクして、
Google Mapに飛ばせば、

自分の位置情報からルート案内、時刻の設定でページが表示するので、
ユーザーにとって便利になります。

基本のURLにパラメータを渡せばいいだけです。

https://maps.google.com/maps?

Google MapのURLの後に、パラメータが続きます。
今回は、パラメータのまとめなので、
サイトでの実装方法はまた後日…

書くかもしれないし書かないかもしれない…

https://maps.google.com/maps?ie=UTF8&f=d&dirflg=t&saddr=【出発地点の緯度経度OR場所】&daddr=【到着地点の緯度経度OR場所】&date=2013%2F07%2F30&time=10%3A17&ttype=dep

文字コード

  • ie=UTF8

地図表示した時の中心設定

緯度経度はカンマ区切りです。

  • ll= 緯度,経度

ルート手段

PCとスマホでは扱いが違うみたいです。

PC

  • dirflg=d 車
  • dirflg=t 電車(デフォルト)
  • dirflg=w 徒歩

スマホ

  • dirflg=d 車(デフォルト)
  • dirflg=r 電車
  • dirflg=w 徒歩

Mapwiki(すでにドメイン失効している)によると、下記の通りになっている。

  • dirflg=d 車
  • dirflg=r 電車
  • dirflg=w 徒歩
  • dirflg=b 自転車
  • dirflg=h 高速道路を避ける
  • dirflg=t 有料道路を避ける

検索する出発・到着する地点のルート場所

指定する地点の種類は、

  • 緯度経度
  • 地名
  • 住所

緯度経度で表示する場合は、

緯度,軽度

というように、カンマ区切りにします。

地名や住所が日本語の場合は、エンコードしなくても、
正常に目的地など表示されていますが、
もしかしたら、ブラウザによってはおかしくなる可能性ありです。

  • saddr= 出発する場所
  • daddr= 到着する場所

日付の設定

日付や日時はエンコードしました。

  • date=2012/07/31(Y/m/d)

時刻の設定

24時間表記。

  • time=23:00(H:i)

設定した日時で出発・到着の設定

  • ttype=now すぐに出発
  • ttype=dep 出発日時
  • ttype=arr 到着日時
  • ttype=last 終電

ルートのソート

  • sort=def 早く到着する順
  • sort=num 乗換が少ない順
  • sort=walk 歩く距離順

地図の種類

  • t=m 地図(デフォルト)
  • t=k 航空写真
  • t=h 地図と航空写真の両方
  • t=p 地形図
  • t=e Google Earth

ズーム倍率

  • z=15

キーワード検索

  • q=

その他にも吹き出し付きで表示できたりするパラメータがあるらしいですが、
まぁ、そこまではするのはいいかなとw

参照サイト

Google Maps Query String Parameters

Sponsored Link