プログラマーに憧れつつ…

今回はどうでもよいお話?なのですが。
実は、私はWEBデザイナーをしていますが…、最初はプログラマーを目指していました。

家庭の環境から、幼稚園の頃からPCを触っていました。
父親がそれ関係の仕事をしていて、作ったMSXのゲームで遊んでいたのです。
うちのIT歴史は、NECの98シリーズから始まり、カセットテープでやりとり、FDはかなりでかいのを使っていたのです。

とても今では考えられない、それでも当時では一般家庭ではあまり見られるものではありませんでした。
母親は某大手でスーパーコンピューターを前に、コボルを使ってプログラマーしていましたし。

今思えば、プログラマーになれる環境は十分整っていたのだと思います。

しかし、それに目覚めることなく、20代過ぎてから独学でやろうとしましたが、めっきりの文系に進んでしまったため数学の頭の回転が鈍ってしまったのです(ノ_・、) ぐすんぐすん

プログラマーの道を諦め、たまたまHPを作って、芸術肌?の私はデザイナーに目覚めてしまいました。
元々、芸術系の道を進んできたので。

HTML、CSS、XHTMLはサイトを製作するうちに、覚えてしまいました。

でも、やはりプログラマーには今でも憧れます。

デザイナーをしていて、あれやりたいこれやりたいと頭に描きつつも、プログラミングの知識がないのでいつも(´・ω・`)ションボリ

彼にお金を貸した利子にJavascriptを教えてもらう約束をするも未だ叶わず。

私には出来ないことを、彼が可能にしてくれるという点で、デザイナーとプログラマーは平行線の位置にありますが、お互いを埋める事が今では可能になりました。

彼は凄腕です。
いつか…一緒にコラボレーションしたいです。(彼のやる気が出ればの話ですが。
そのはなしは、あるのですが(^^;
AJAX,JAVA,データーベース、サーバー構築、C言語、Javascript云々…
一緒にやることで、私も何かを得られる点というのは大きい。

早くそのときが来るのを楽しみにしています。

ついでにPHPも覚えてくれないかな…とか思うこの頃。

Sponsored Link