get_query_template

Sponsored Link

拡張子を使用せずにファイルのパスを取得します。

ファイルの拡張子を含まないファイルのパスを直接取得するために使用します。locate_template()の使用でファイルが存在する場合、親テンプレートのチェックもします。他のget_*_template()関数の使用することなくより汎用的なファイルの場所が可能となります。

パスを取得するためにinclude()あるいはrequire()を使用することができます。

get_query_template »

get_stylesheet_directory

現在のテーマのスタイルシートディレクトリーパスを取得します。

URLではなく、絶対サーバーパスを返すことに注意してください(例:/var/www/html/myblog/wp-content/themes/my_theme)。このように、これは次のようなファイルレベルの操作に最も適しています:

require_once(get_stylesheet_directory() . '/my_include.php');

WebフレンドリーなURLをしたい場合、
このようなリンク或いは画像の参照内に使用されるであろう1つとして、
代わりにget_stylesheet_directory_uri()を使用してください。

get_stylesheet_directory »

get_stylesheet

現在のスタイルシートの名前を取得します。

管理者が現在のフロントエンドテーマとして設定したテーマ名です。

全ての大規模な目的のために、テンプレート名とスタイルシート名は殆どの場合に同じになるだろう。子テーマを使用した場合、親よりも返される名前です。

get_stylesheet »

get_stylesheet_directory_uri

スタイルシートディレクトリのURIを取得します。SSLの有無をチェックします。

これが適切にフォーマットされたURIを返すことに注意してください;言い換えると、Webアドレスになります(http:// 或いは https:// などを完備 )。このように、追加のスタイルシート、或いはおそらく元も一般的な画像を参照している、最も適切なリンクに使用されています(この例では、template .phpファイル内の

get_stylesheet_directory_uri »

register_nav_menus

WordPress3.0の新しいカスタムメニューエディターに、複数のカスタムナビゲーションメニューを登録します。これは、あなたのテーマで使用するためにダッシュボード内にカスタムメニューを作成を許可します。

register_nav_menus »

remove_theme_support

特定のテーマの機能のサポートの登録を解除することをテーマが許可します。テーマのfunctions.phpファイルで呼び出す必要があります。一般的に親テーマからのサポートをオーバーライドするために子テーマで使用されるでしょう。

remove_theme_support »

Sponsored Link