pre_get_posts

このフックはクエリ変数オブジェクトが実行される後に呼び出されますが、実際は実行される前に走ります。

pre_get_postsアクションは、開発者が参照することによって、$queryオブジェクトへのアクセスを提供します(あなたが$queryで行った任意の変更は、元のオブジェクトに直接作られていますー戻り値は必要ありません)。

pre_get_posts »

is_main_query

この関数は、pre_get_postsにフックを有効にし、メインクエリーのみ修正します。これはboolean関数で、TRUEまたはFALSEのいずれかを返すことを意味します。注意:管理画面はメインクエリーが存在しており、この関数はそこにそれを検出するために用いることができます。

is_main_query »

wp_is_mobile

この条件タグは、ユーザーがモバイルデバイスを使用して訪問しているかをチェックします。これはboolean関数で、TRUEまたはFALSEのいずれかを返します。

wp_is_mobile »

site_url

site_urlテンプレートタグは、適切なプロトコルである現在のサイト(ここでは、WordPressのコアファイル)のためにサイトURLを取得し、’https’がis_ssl()と’http’の場合、上書きします。

WordPressネットワークのセットアップの場合は、network_site_url()を代わりに使用してください。

site_url »

is_sticky

この条件タグは”フロントページへこの投稿を固定する”チェックボックス現在の投稿にチェックされている場合にチェックします。これはTRUEまたはFALSEのいずれかを返すという意味のプール関数です。

is_sticky »

home_url

home_urlテンプレートタグは、現在のサイトのホームURLを取得します。
‘https’は、is_ssl() と ‘http’のそれ以外の場合、適切なプロトコルと共に’home’オプションを返します。schemeが’http’ か ‘https’の場合、is_ssl()は、オーバーライドします。

サイト指定のURLを取得するget_home_url タグを使用します。

home_url »

get_site_url

get_site_url()テンプレートタグは、サイトを取得するためのサイトURLを取得します。’https’が is_ssl()と’http’それ以外の場合、適切なプロトコルと共に’site_url’オプションを返します。$schemeが’http’ か ‘https’の場合、オーバーライドします。

get_site_url »

Sponsored Link