医薬品ネット販売規制について考える

6月から改正薬事法施行によって、
現在販売されている67%の医薬品がネットでは買えなくなる問題について考えてみました。

Sponsored Link

ずっとこの経緯を見ていたのですが、
対面販売が許されて、
ネット販売が許されないという矛盾について、
だれもそこを指摘しないのかな?っていう問題をずっと頭をめぐっていました。

というのもネット販売って、
買う人の住所が割れているわけです。

逆に、対面販売では、誰が買っていったなんて分かりません。
一昔前、石油ファンヒーターの不良品回収をメーカーが莫大な広告費をかけて、
買った人に呼びかけていましたよね?

それは買った人の身元が分からないから、
こういう手段でしか回収できなかったわけです。
莫大な広告費をかけたけど、すべて回収できたとは限らない。

それを医薬品に置き換えるとどうなるでしょう?

何ヶ月もかけてCMで宣伝している間に、
薬害による被害が広がっていることになります。

対面販売では、買った人が分かりませんが、
ネットだとデータが残っています。
身元が辿れて、すぐに対応できる利点があります。

その差を理解していない人が多すぎる。
薬剤師だって医者じゃないんだから、
本当にその薬が安全かなんて分かるんですか?

もし対面販売でその薬が事故薬だったとしたら、
薬剤師が薬害を防げるのですか?

そして、事故薬を売った薬剤師は、
一人一人買っていった人の身元を調査して、
回収してくれるのですか?

甚だ疑問です。

その上で対面販売なら安全だという理由がわかりません。

それで万が一、薬害が起こった場合、
誰が責任を持つのですか?

国ですか?
薬剤師ですか?
それとも、ネット販売禁止している団体ですか?

後で、ネット販売なら身元が割れたから、
すばやい対応が出来て、もっと被害は防げた。
なんていわれるのがオチです。

今、楽天では、著名が57万件集まっている模様です。
こんな意味不明な改正によって、
薬が買えなくなる人が増えて、不便を強いられる方々も増えます。

もし改正薬事法施行に反対の人は、
ネット上での署名をしてみませんか?
詳細はこちら→楽天署名ページの詳細

Sponsored Link