add_editor_style

カスタムTinyMCEエディタのスタイルシートにコールバックを追加します。

Sponsored Link

Add callback for custom TinyMCE editor stylesheets.

この関数はテーマ内のスタイルシートのためであり、プラグインに使用する場合はmce_cssを参照してください。

This function is ONLY for in-theme stylesheets, see mce_css for plugin usage.

パラメータ$stylesheetは、テーマのルートに対して相対的なスタイルシートの名前です。また、スタイルシートの配列を受け入れます。それは’editor-style.css’にオプションでありデフォルトです。

The parameter $stylesheet is the name of the stylesheet, relative to the theme root. It also accepts an array of stylesheets. It is optional and defaults to ‘editor-style.css’.

add_editor_styleのファンクションタグ使用方法

<?php add_editor_style( $stylesheet ); ?>

add_editor_styleのパラメーター

$stylesheet

(mixed) (Optional) テーマルートからの相対パスである、スタイルシートの名前またはその配列です。デフォルト:editor-style.css

(mixed) (Optional) Stylesheet name or array thereof, relative to theme root.
Default: editor-style.css

フルURLは受け入れられますが404になり、それらがテーマのルートに相対的に解釈しているので(…/theme/http://…)である。

Full URLS are accepted but will 404, since they’re interpreted relative to the theme root (…/theme/http://…).

バージョン3.3の時点で、’editor.css?now’のような$stylesheetの引数は、親テーマではなく、子のテーマのために動作します。(子テーマの場合のみ、WordPressはfile_exists()と$stylesheetを調べて、それが失敗した場合、それを無視します)。

As of Version 3.3, $stylesheet arguments like ‘editor.css?now’ will work for parent themes but not for child themes. (For child themes only, WordPress tests $stylesheet with file_exists() and ignores it if it fails.)

add_editor_style('custom-editor-style.css');

注意

変更ログ

Since: 3.0.0

ソースファイル

add_editor_style()は、wp-includes/theme.php内に位置しています。

add_editor_style() is located in wp-includes/theme.php.

関連ファンクションタグ

Theme Support: add_theme_support(), remove_theme_support(), current_theme_supports()
Theme Features: widgets, menus, post-formats, post-thumbnails, custom-background, custom-header, automatic-feed-links, editor-style

Sponsored Link