get_locale_stylesheet_uri

Sponsored Link

ローカライズされたスタイルシートのURIを取得します。

ローカライズされたスタイルシートファイルのスタイルシートディレクトリーは、デフォルトでは、ベーステーマのディレクトリー内に配置されています。場所のファイルの名前は、’.css’で続いた場所になります。存在しない場合は、テキストドキュメンテーションのスタイルシート、例えば’ltr.css’が存在するかどうかをチェックします。

テーマは、’stylesheet_directory_uri’フィルターまたは’locale_stylesheet_uri’フィルターのいずれかを使用することによって、スタイルシートのディレクトリの場所を変更することがあります。全体のWordPressのワークフローのためのスタイルシートファイルの場所を変更したい場合は、前者を変更してください。別フォルダ内に場所がある場合は、後者を変更してください。

Sponsored Link

Retrieve localized stylesheet URI.

The stylesheet directory for the localized stylesheet files are located, by default, in the base theme directory. The name of the locale file will be the locale followed by ‘.css’. If that does not exist, then the text direction stylesheet will be checked for existence, for example ‘ltr.css’.

The theme may change the location of the stylesheet directory by either using the ‘stylesheet_directory_uri’ filter or the ‘locale_stylesheet_uri’ filter. If you want to change the location of the stylesheet files for the entire WordPress workflow, then change the former. If you just have the locale in a separate folder, then change the latter.

get_locale_stylesheet_uriのファンクションタグ使用方法

<?php get_locale_stylesheet_uri() ?>

get_locale_stylesheet_uriのパラメーター

None.

戻り値

(string)
ローカライズされたスタイルシートのURIを返します。

(string)
Returns localized stylesheet URI.

注釈

  • Uses global: (object) $wp_locale handles the date and time locales.
  • Uses: apply_filters() Calls ‘locale_stylesheet_uri’ filter on stylesheet URI path and stylesheet directory URI.
  • Uses: get_stylesheet_directory_uri()
  • Uses: get_stylesheet_directory()
  • Uses: get_locale()

変更ログ

Since: 2.1.0

ソースファイル

get_locale_stylesheet_uri()は、wp-includes/theme.php内に位置しています。

get_locale_stylesheet_uri() is located in wp-includes/theme.php.

Sponsored Link
Sponsored Link